HOME >  ガラスコーティング後の愛車ケア >  愛車にやさしい洗車方法

愛車にやさしい洗車方法

間違った洗車の仕方は、傷の原因になります。ここでは、傷がつきにくい手洗い洗車の仕方についてご紹介します。

  • 手順1 タイヤの水洗浄

ボディの前にタイヤから先に洗います。タイヤを洗ったその水しぶきがボディにつき、しみの原因となるのを避けるためです。タイヤの洗浄は、ホースにジェット機能のあるシャワーヘッドを取りつけると、水の勢いでかなりきれいになり、次の作業の手間が省けます。

  • 手順2 強力洗浄剤で洗う

専用の強力洗浄剤をタイヤハウス、タイヤ、ホイールに塗布し、ブラシで洗います。洗剤を放置するとしみの原因になりますので、塗布したらすばやく洗浄してください。洗い残しをしやすいホイール部分は、ブラシだけでなくスポンジで洗います。

  • 手順3 ボディの洗浄

ボディの洗浄は、高いところから順に水で汚れを流します。水で流したら、マイクロファイバータオルを水でぬらし、専用のシャンプー原液をつけて泡立てます。泡立てたタオルで高いところから順々にこすり、洗っていきます。

何度もこする必要はありませんので、こすり過ぎないように注意しましょう。広いボンネット部分は、高いほうから低いほうへ、縦に一方向に洗います。

  • 手順4 シャンプーを洗い流す

洗い終わったら、洗剤が乾く前に水でシャンプーの泡を流します。上から水をかけ、ドアの下や隙間などに泡の流し残しがないよう、よくチェックしましょう。

  • 手順5 仕上げの拭き取り

拭き取りも、一番高いところから拭いていきます。上から下に、同じ方向にクロスで拭いてください。円を描くように拭いたり、こすらないようにしてください。

  • 手順6 隙間の拭きとり

ボンネットやライトの隙間はブロアを使う、息を吹きかけるなどして水気をかき出します。

ドアを開け、内側の細かい部分も拭き、できればしばらく開放したままでよく乾燥させます。

【注意点】

ボディの表面は、目に見えない、手で触っても感じられない細かな汚れが付着している可能性が高いです。そのままブラシで洗車すると、余計にボディに傷がついてしまう原因となります。その汚れを一気に浮かせ、洗い落とすためにも、手洗い前にボディを水で流すことが非常に大切な手順です。

また、クロスは必ず普通の掃除用布ではなく、マイクロファイバークロスなど洗車専用のものを使用してください。