HOME >  ガラスコーティング後の愛車ケア >  内装の掃除方法

内装の掃除方法

愛車のケアと言うと、ボディの掃除やガラスコーティングなどを使ったツヤ出しなどが一般的だと思います。

その反面で、車の内装までケアしている人は、少ないようです。外装のように雨風で汚れる心配がないので、あまり気にすることがないのかもしれません。

しかし、車内が不衛生な状態だと、アレルギーを発症することもあるのだとか。また、内装もケアをしないと劣化するのだそうです。
そのような事態を避けて愛車で楽しくドライブするためにも、内装の掃除方法を解説していきます。

テキスタイル部分の汚れをしっかり落とす掃除方法

内装の掃除でもっとも汚れやすいのは、布でできているテキスタイル部分です。
織物素材はドアの内側やシートの部分に使われていることが多く、車内で食べた物がこぼれたカスなどが溜まっていたり、ダニやカビが知らない間に発生している可能性があります。

テキスタイル部分の掃除方法には、ちょっとしたコツがあります。それは、叩くこと

布素材のパーツは、内側にクッション材が含まれているパーツが多いので、表面に付着した埃や砂が内側にまで入り込んでいることも。掃除機をかけて掃除をしても、しっかり汚れを除去し切れていないことがあるのです。

しかし、テキスタイル部分を軽く叩くことで、内部まで入りこんだ埃などを浮き上がらせることができます。布団たたきと同じような原理ですね。

汚れを浮き上がらせた上で掃除機を使えば、パーツの奥深くまで入り込んでいた砂などもしっかり吸い取れます。

また、テキスタイル素材のパーツの表面は、布にも使えるシートクリーナーなどで汚れを拭き取ると良いでしょう。その場合は、湿っぽさが多少残るので、清掃後はドアを開けて乾燥させることをおすすめします。

内装の保護

愛車の内装を掃除したあとは、保護することも重要です。
車のボディをガラスコーティング剤などで保護するように、内装もコーティングすることが可能。ツヤが出て見た目がよくなるだけでなく、パーツの劣化防止にも役立ちます。

特にコーティングが必要なのは、レザー(革)素材のパーツ。ケアを何もしないでいると、月日とともに劣化して、表面にシワが出ます。ひどい場合には、ヒビ割れてしまうこともあり、見た目にも良くないので、日ごろからケアしておきましょう。

また、合成樹脂などの内装材も、フロントガラスや窓から差し込む紫外線によって劣化しやすいようです。特に、車庫などに入れない露天駐車の場合は注意しましょう。

商品や素材の特徴にもよりますが、合成樹脂部分のケアには、ツヤ出し剤などのケミカル製品を使うと効果的だそうです。ツヤ出し剤は、内装に浸透することで素材の劣化を防ぐほか、クリーニング効果が期待できる場合も。

定期的に使用することで、清潔な状態を保つことができます。

愛車の内装掃除をする際に気をつけておきたいこと

シートを濡れたタオルなどで拭いたり、マットの砂や埃を払うなどして車内を掃除しても、落としきれない汚れを落とすには、内装用のクリーナーを使用します。

しかし、注意するべきことがあります。それは、内装パーツの素材に合ったクリーナーを使うこと。
内装パーツは、車の部位によって使い分けられていることもあり、ビニールやプラスチック、レザー(革)や布など、さまざまな素材があります。
素材に合わないものを使用すると、汚れがなかなか落ちなかったり、かえってパーツを劣化させてしまうこともあるのです。

そのため、内装の掃除をする際は、パーツの素材を調べた上で、それに合ったアイテムを準備しましょう。