HOME >  ガラスコーティング後の愛車ケア >  ホイールの掃除とコーティング

ホイールの掃除とコーティング

日々の走行により、ブレーキパッドの汚れや地面の泥などが付着しやすいタイヤのホイールですが、ガラスコーティングを施せることはご存知でしたか?ここでは、タイヤのホイールへのガラスコーティングについて説明します。

ホイールのガラスコーティング

ホイールにガラスコーティングを施工して最も期待できるのが「汚れを落ちやすくする」効果です。ガラスコーティングをしていても、泥やブレーキパッドによる多少の汚れはホイールに付着します。ですが、付着した汚れを落とそうとした時に、その効果を実感できるでしょう。

コーティングを施していないホイールは、水で洗い流したりビニールブラシでこすったりしても、思うようにきれいにならないことが多々あります。しかし、ガラスコーティングを施工したホイールは、汚れの種類や程度にもよりますが、水洗いや軽くブラシでこするだけでキレイにできるケースがほとんどです。後々のお手入れを楽にしたい人やホイールの美しさを保つ方法を検討している人には、おすすめのケアです。

製品やホイールの材質によっては、相性の悪いものや施工できないものもありますので、その点には注意しましょう。

ガラスコーティングをする前に

汚れを取った上でガラスコーティングを施工しないと、ホイールに付着した汚れまで一緒にコーティングすることになってしまいます。ホイールにガラスコーティングを施工する前に、徹底的に掃除しておきましょう。ここでは、きれいな状態でコーティングをするために、ホイールの有効な清掃方法を紹介します。

まずは、タイヤとホイールに水をかけて、付着している汚れを流しましょう。これだけでは落ちない汚れには、スポンジやブラシ、洗剤を使用します。ここで忘れがちなのは、タイヤハウス内の洗浄です。タイヤハウスはホイールの中でも特に汚れが付着しやすい部分で、走行中の泥や砂以外にも、タールなどの油で汚れていることがあります。これらの汚れが付着したまま長期間放置しておくと、車体が錆びる原因にもなりますので、しっかりと洗浄しておきましょう。

どうしても落ちない汚れがある場合は、ホイールやタイヤハウス内に強力洗浄剤を使用するのも良いでしょう。但し、強力洗浄剤を使用して長時間放置しておくと、汚れが筋状に垂れてホイールにシミが残ってしまうこともありますので、注意が必要です。また、洗浄剤によっては手が荒れることもありますので、ゴム手袋などを装着して取り組むことをおすすめします。

続いて、ホイールのボルトの穴を清掃します。ボルトの穴の清掃には、歯ブラシなど細い場所にも入る形状のブラシなどを使用します。歯ブラシでは洗いきれない場所がある場合は、毛先をカットすると更に掃除がしやすくなります。

一通り清掃したら、ホイールをもう一度水で洗い流します。また、タイヤハウス内には、市販のシリコンスプレーを使用しておくことをおすすめします。これにより、タイヤハウスに汚れが付着する現象を軽減できます。

続いて、ブレーキパッドダストなど、特に落ちにくくて厄介な汚れの除去に取り掛かります。ブレーキパッドダストを落とすには、「アイアンリムーバー」や「ブレーキダストリムーバー」など、市販されているスプレー式の鉄粉除去剤を使用すると良いでしょう。また、これらの製品を使用する際は、1本ずつ吹きかけて掃除していくようにしましょう。一気にすべてのホイールに吹きかけてしまうと、リムーバーのシミがホイールに残ってしまう場合があります。

汚れが浮き出てきたら、柔らかいスポンジでこすって丁寧に落とします。この際、金属製のブラシなどは使用しないでください。ホイールにキズがつく恐れがあります。スポンジが入らない狭い部分には、歯ブラシやめん棒で対応すると良いでしょう。

汚れが落ちたら、水をかけてリムーバーを洗い流しましょう。

以上がホイールの有効な清掃方法です。

コーティング方法

ホイールがきれいになったら、ガラスコーティングを施工します。ここでは、上手にガラスコーティングをするコツを説明します。

  • ガラスコーティング剤のタイプ
    使用するガラスコーティング剤が乾式の場合は、水分がある状態で施工すると十分な効果を発揮できません。清掃による水洗いでホイールに付着した水分をしっかり拭き取っておきましょう。湿式の場合は濡れた状態で作業するタイプですので、ホイールの水分を拭き取る必要は特にありません。使用するガラスコーティング剤がどのようなタイプなのか、事前に確認しておきましょう。
  • 薄く塗る
    ホイールのガラスコーティングは、厚めに塗り重ねても、効果に差は出てきません。なるべく薄く塗り伸ばすことをお勧めします。目安としては、ホイール一本あたりに4ml~5ml程度のコーティング剤を使用するのが良いと言われていますが、ホイールの大きさやコーティング剤の種類により異なる場合もあります。
  • コーティング剤の拭き上げ
    ホイールに塗布したガラスコーティング剤を拭き上げるタイミングは製品により異なります。どのタイミングで拭き取るかは説明書に従いましょう。基本的には、柔らかい布で軽く拭くことが、仕上がりを良くするコツだと言われています。拭き取らないままコーティング剤が乾いてしまうと、表面が白くなったり、コーティング剤が垂れた状態で固まってしまうので注意しましょう。
  • 注意点
    注意点や手順を守ることで、ワンランク上の仕上がりが期待できます。塗布する際は、スポンジやクロスに一度吹き付けて使用することをお勧めします(スプレー式の場合)。万が一、ガラスコーティング剤がブレーキディスクに垂れると、ブレーキの効きに影響が出る場合があり、大変危険です。また、作業前にはホイールの材質とコーティング剤の性質を必ず確認するようにしましょう。製品によっては、アルミ製ホイールには使用できないものもありますので、注意しましょう。