HOME >  ガラスコーティング後の愛車ケア >  フロントガラスの掃除方法

フロントガラスの掃除方法

車のフロントガラスは、日々の走行で埃や水垢などが付きやすい部分の1つです。しかし、自分でケアをするのが難しい部分でもありますよね。

自分で、フロントガラスをプロのようにピカピカに仕上げる方法とは?そんな疑問を解消できる、フロントガラスのお掃除テクニックを紹介します。

フロントガラスの外側をきれいにする方法

フロントガラスの外側の汚れを放っておくと、見た目が汚くなるだけでなく、走行にも影響してきます。夜間の走行時に、視界が悪くなったり、対向車のライトを乱反射しやすくなるなどの危険も。メンテナンスをして汚れを落とすことが大切なのです。

しかし、ガラスに汚れが付いていても、タオルでむやみに拭き取るのはやめましょう。素材や汚れの種類によっては、傷が付く原因になります。フロントガラスを傷つけずに汚れを落とすには、洗車と同じように、水をかけて大まかな汚れを洗い流します。そして、油膜除去ができるカーシャンプーを使用しましょう。

油膜除去剤で汚れを落としたら、必要に応じてガラスコーティングを施すと、仕上がりが良くなります。撥水効果があるので、雨が多い時期や、水垢が気になる時にはおすすめです。

また、フロントガラスの美しさを保つためには、ワイパーの掃除も欠かせません。ワイパーのゴムに溜まった不純物や油膜を拭き取りましょう。カーシャンプーなどを使わなくても、ティッシュやタオルを濡らして拭くだけで、効果が見られます。

自分でプロ仕上げ!フロントガラスの内側の掃除方法

窓を開けた時に舞い込んだ埃や、喫煙者がいる場合はヤニなどが付着して、意外と汚れているのがフロントガラスの内側です。しかし、外側のガラスのように水をかけて洗い流すことができないため、ケアが難しいという声も。自分でできる掃除方法を紹介します。

まずは、以下のものを準備しましょう。

  • バケツ
  • 水(バケツ1杯分)
  • ガラスクリーナー
  • 繊維クロス(極細)
  • 白いタオル
  • 定規(30cm程度の長さでアクリル製のもの)

はじめに、タオルを水で濡らして絞ります。水分が多すぎると後の過程に影響するため、タオルは固く絞っておきましょう

タオルをたたんで、ガラスクリーナーを付けます。そして、このタオルでフロントガラスの一面をしっかり拭き上げます。水分がガラスに付着することがありますが、この場合は特に拭き取ったり乾かす必要はありません。

この時、タオルのガラスを拭いた部分が茶色くなっていたり、フロントガラスが付着した水分を弾いているようなら、汚れが溜まっている証拠です。

最後に、繊維クロスで水分を拭き取ります。手が届かない部分は、定規にクロスを巻いて拭き取ると、拭きムラをなくせます。

使用する繊維クロスは、フロントガラス専用にすることをおすすめします。ボディに使用したものだと、車体に付着していた油分がガラスに付着して、汚れが取れにくくなるためです。

ここで紹介した方法は、フロントガラスに限らず、ほかの窓ガラスにも有効です。ぜひ、活用してみて下さい。