HOME >  車のガラスコーティングの流れ >  STEP.3 アフターケアの方法

STEP.3 アフターケアの方法

愛車にコーティング剤やワックスを塗った後も、効果を持続させるためには、メンテナンスが必要です。車に塗ったコーティング剤の種類やタイプごとに、最適なアフターケアの方法が異なるので、愛車に合った方法を選びましょう。

ガラスコーティング剤の場合

  • 完全無機質ガラスコーティング

基本的には、重ね塗りなどのメンテナンスは不要だと言われており、ケアをする場合もお手軽にできます。ワックスのように、大量の油分が含まれていないので、コーティングが酸化によって劣化しにくいためです。

鳥の糞や樹液などの汚れは、洗い流したり、拭き取るなどして、その都度対応することで解決できます。洗車をする際は、施工したコーティング剤の専用洗剤や、シリーズで展開されているシャンプーなどを使用すると良いでしょう。洗車後は、柔らかい布などで水分を拭き取れば、メンテナンス完了です。コーティングを施した車のボディは、薄いガラスの膜が張っているような状態なので、フロントガラスのメンテナンスと同様に考えるとやりやすいです。ガラスコーティング剤によっては、研磨材や超微粒子系のワックスが使えないものもあります。専用の洗剤などがない場合は、製品の説明書を読んだり、メーカーに問い合わせるなどして、その指示に従うことをおすすめします。

  • ガラス繊維系コーティング

完全無機質ではないため、ガラス以外の成分が含まれている製品もありますが、油分の含有量が少ないものが多数。メンテナンスは、楽に行えると思います。

完全無機質の場合と同じく、鳥の糞などの汚れは、その都度落としましょう。基本的には、酸化した被膜を取り除いて、再施工を繰り返す必要はありません。効果が弱まるなど、劣化が気になる場合は、洗車時にコーティングを上塗りします。コーティング被膜にこびりついて落ちない汚れがあった場合は、超微粒子コンパウンドなどで被膜を落として、その部分を再施工する必要があります。コーティング剤の含有成分や特徴によって、使用不可になっているメンテナンスクリーナーや製品もあるので、確認してから使用しましょう。

テフロン樹脂系コーティング剤の場合

テフロンコーティングは、効果の持続性は良いものの、車の塗装を劣化させる可能性もあるため、施行後のケアが大切です。

基本的には、洗車時にカーシャンプーを使用し、樹液や鉄粉などの落ちにくい汚れには、ガラスコーティングと同じように、その都度対処します。洗車で落ちなかった汚れには、メンテナンスクリーナーを使って対応しましょう。この方法は、メンテナンスクリーナーを車体全体にかける必要があり、コーティング被膜を補う効果もあるので、定期的に行った方が良いでしょう。

高配合カルナバなどのワックスの場合

ワックスの効果がなくなるまでは、通常の洗車方法で対処できると思います。しかし、ワックスによるコーティングは油性で、酸化によって被膜が劣化しやすいため、こまめなメンテナンスが必須となります。

洗車の際は、脱脂効果があるカーシャンプーを使用するのがおすすめです。しかし、酸化が進んだり、被膜の状態が悪くなっていると、上記では対応しきれないこともあります。その場合は、ワックスのコーティングが劣化した部分を、研磨などで取り除く必要があります。

【注意点】

上記で紹介したメンテナンス方法は、あくまでも一般的なものです。コーティング剤の成分や特性により、ケアのやり方が異なる場合もあります。