HOME >  車のガラスコーティングの流れ >  STEP.1 車体の汚れを落とす

STEP.1 車体の汚れを落とす

ガラス系のボディコーティングを正しく行うための準備工程をご紹介します。コート剤初心者に向け、ポイントとなる脱脂の工程についても詳しく掲載していますので、お役立てください。

  • 洗車

車のボディが埃や砂でざらつく場合や、汚れがある場合は、まず、通常と同じように洗車します。水分は完璧に拭き取る必要はありません。

  • 汚れの除去

ボディ全体に水をかけ、専用の粘土を拭くようにこすりつけます。これで、洗車で落ちきらなかった粉上の異物を取り除きます。粘土の汚れた面は内側に練りこんで、きれいな面を使うようにしてください。 表面を手でこすってみて、ざらつきが取れれば完了です。新車で、もともとざらつきがない場合は、この工程は不要です。

  • 傷の修復

細かな擦り傷などがある場合は、ボディの色に合わせた専用のコンパウンド(やすりのようなもの)を使い、処理します。強くこすりすぎると白くなってしまうので、縦横にゆっくりとこすってください。 特に傷がない場合は必要ありませんし、また、大きな傷の場合、手作業での修復はおすすめしません。

  • 脱脂

脱脂とは、ボディの表面にある余計な物質を完全に拭き取る作業です。 まず、クロスにワックスオフ(シリコンオフ)を染み込ませて塗り広げます。もう一枚、別のクロスを用意しその部分を拭き取る、という作業を繰り返します。 少々面倒ですが、車体全体を塗ってからすべて拭きとるのではなく、手の届く範囲で作業エリアを小分けにし、塗ったら拭きとるという作業を繰り返してください。

どうして脱脂が必要なのか?

脱脂は、汚れ除去のために行うものなので、新車には不要と思われるかもしれません。

しかし、車のボディーには、新車であってもワックス処理を施してあったり、何らかの異物が付着している可能性は十分にあります。 手作業のコーティングで脱脂までしなくてもいいのではないか、という見解もあるのですが、コーティングの耐久性を重視するならば、ぜひ行ってください。

というのも、ガラス系コーティングやガラス硬化系コーティングのメリットは、耐久性です。表面に頑丈な皮膜を作ることが、特徴なのです。しかしその効果を発揮するには、コート剤をしっかり定着させる必要があります。

余分な物質をボディから取り除き、コート剤の定着率を高めるための脱脂は、重要な過程のひとつなのです。