HOME >  車のコーティング剤を種類別に比較 >  ガラスコーティング剤

ガラスコーティング剤

ここでは、車のガラスコーティング剤の特徴を詳しく説明しています。

ガラスコーティング剤の特徴

ガラスコーティング剤は、その名の通りガラスの元素が含まれている車のコーティング剤です。

塗装すると硬くて強力なコーティング皮膜をつくり、傷から車体を守ってくれます。油脂分が少ししか含まれていないので、見た目も自然なツヤに仕上がります。ウォータースポットがつきにくくなりますし、汚れも落としやすくなります

効果の持続時間も長いので、総合的におすすめのコーティング剤です。あまり手間がかからなくなるというのもポイントですね。

ガラスコーティング剤は、おもに業者やプロが使用していたようですが、最近では個人でも簡単に入手することができるようになりました。市販されているので、気軽に購入できます。

車の美しさを長く保ってくれるのが、ガラスコーティング剤の最大のメリット。3年ほど持続するコーティング剤もあります。業者に施工を頼むと費用が高めになってしまいますが、市販のものを使って自分で施工するならコストを抑えることができるでしょう。

しいてデメリットを上げれば、1度施工すると、簡単にやり直すことができないということでしょうか。自分で施工をする場合、大切なのはコーティング剤の質です。仕上がりで気になってしまうのは、やはりムラの有無です。自分で施工をするなら、ムラになりにくいガラスコーティング剤を選ぶようにしましょう。

ガラスコーティング剤を購入する場合は、無機のものを選ぶと良いのだとか。100%無機質のガラスコーティング剤も販売されているので、チェックしてみるといいかもしれません。

ガラスコーティング剤とガラス系コーティング剤の違いは?

ガラスコーティング剤とガラス系コーティング剤、このふたつの違いをご存知でしょうか?名称が似ているので、区別がつきにくいですよね。

ガラスコーティング剤は、塗布した後に化学結合し、ガラスの膜をつくります。ガラス系コーティング剤は、ポリマーにガラス成分が含まれているものや、ガラスコーティング剤に他の成分が入っているもの。

ガラス系コーティング剤はガラスコーティング剤と比べると、コーティングの皮膜がやわらかいそうです。